多過ぎるキーワードの問題点

WEB制作の初心者にありがちなのは、とにかく多くのキーワードを記事に入れてしまおうとすることです。

確かにキーワードを多用することは推奨されていますが、多過ぎても問題が生じることがあります。実は理想的な記事は、キーワードの出現率が8%未満だとされます。理由の一つは、グーグル等の検索エンジンによるペナルティが存在することです。キーワードが多過ぎると不自然なサイトと見做され、ランキングから外されてしまうのです。8%未満という制約の中で効率的なSEOを達成するためには、キーワード間の比率にも注意する必要があります。

メインとするキーワードを絞り込み、共起語や関連語はそれに準じる比率で使用するのが適切です。そうすれば、より一層見易いページ、サイトが出来上がるはずです。

キーワードの出現率は、専用のツールで計測することが出来ます。ワードごとに比率を算出できるので、前述した序列通りに記述できているかを確認します。ところでキーワードは文章に散りばめると同時に、必ず文章の先頭箇所に入れるようにします。これは「突出度」と呼ばれる概念に従ったもので、キーワードの位置によって、目立ちの度合いが異なるのです。基本的には文句や文書の先頭は、最も目立つ位置だと言えます。もちろん不自然な文脈を作ってしまってはいけません。

優れたページ、サイトは、いずれも最初の数行を読めば、大体の内容は掴めるようになっています。スクロールしないとキーワードに辿り着かないようなページは、瞬時に内容の骨子を把握することが出来ません