リンクの階層

WEB制作をする上で、ページの階層構造を整理することはとても大切です。

SEOの観点からは、リンク付けもその範疇にあります。

つまり、ユーザーにとって構造が把握し易いリンク付けが望ましいのです。トップページから各ページに飛べるようにリンク付けするのはもちろんのこと、ページからページに飛ぶためのリンクが、全てのページに張られていると、親切なサイトであると判断されます。目的のページに辿り着きやすいサイトを目指して構築することが求められます。


階層は複雑なものにしてはいけませんから、数層に留めるのが理想です。ディレクトリもあまり増やすべきではありません。検索エンジンの動きは、人間の「巡回」に近く、階層がシンプルであればあるほど巡回の数が増えることになります。

例えばディレクトリを深くしてしまうと、目的のファイルを探すのに時間が掛かってしまいます。大規模なサイトであれば、ある程度のディレクトリ、階層は必要になります。それでも無駄を削ることは可能です。

文章表現には書き手のスキルや能力が表れるものですが、SEOを意識した文章では、特に簡潔に伝えられているかが問われます。キーワードが沢山入り込んでいても、冗長は言い回しが多用されていれば、ユーザーは読む気を失くしてしまいます。ユーザーが飛びつくような記事の特徴は、簡潔に有用な情報を伝えるものです。そのためには、キーワードが自然な形で散りばめられなければなりません。

現時点では、こなれた日本語であるかどうかまでは、細かくチェックされない傾向にありますが、将来は検索エンジンがそこまで進化しないとも限りません。